咽頭がんの名医のいる病院
   咽頭がんの名医や症状、手術についての闘病記

  

喉頭がん治療マニュアル

転移と再発を防ぐ直腸癌手術

大腸がん検査や治療の疑問相談室

肝臓がん転移はこうして防ぐ

肺がん手術の生存率が高い病院

前立腺がん治療とPSA検査

写真に見る舌癌症状と治療法

乳がん治療の名医

症状別腎臓がん治療の名医

治療・膵臓癌手術の名医ガイド

肺がん闘病記―転移と治療の始まり

前立腺癌手術と放射線治療

手術なしの胃がん食事療法

名医の咽頭がん治療や手術により、症状の悪化や転移を防いで生存率を上げることができます。 そのためには確かな根拠をもって病院選びをすることが欠かせません。 咽頭がんは治療可能な病気ですが、あくまで適切な治療を行えばという前提はついて回るものです。 まずは症状等の基礎知識を身につけていただければと思います。

 咽頭がんの症状が悪化した原因

ガン治療に最も効果的な食事法

咽頭がん症状が悪化することにより、生存率が下がるばかりではなく、治療も困難になります。
転移が進めば、手術によって完全に切除することも難しくなり、完全に症状の改善からは遠ざかります。
一刻も早く発見しておくことが大切ですが、咽頭がんの症状は癌細胞の場所によって大別され、上咽頭がん、中咽頭がん、舌咽頭がんの3つになります。
上咽頭がんの症状としては、鼻詰まり、鼻血、難聴・耳鳴りが挙げられます。
悪化していくと、視界にも影響を及ぼしてしまい、日常生活にも支障をきたすことがあります。
中上咽頭がんの自覚症状としては、喉が詰まることや腫れている感覚や、食事を飲み込みづらくなるというものがあります。
下上咽頭がんでは、声がかすれたり、咳や痰が出るといった症状があります。

共通して言えることは、発見が遅れれば転移を起こすリスクが高く、それだけ完治できる見込みが少なくなるということです。
手術をして切除するにも、腫瘍の場所が広がってしまえば、全てを取り除くわけには行きません。
その結果、化学療法や放射線治療によって咽頭がんの症状に対処することになりますが、これらの方法だけでは完治しないことも多く、副作用を伴う方法であることも見逃せません。
症状がひどくなれば、それだけ治療期間も長引き、場合によっては生存中ずっと治療を続けなくてはならないという事態も起こりえます。
このような事態を未然に予防する方法として、生活習慣の見直しが挙げられます。
飲酒や喫煙の習慣がある方であれば、その時点でリスクを抱えている訳ですから、しっかり注意しておくことが大切です。

完全に禁酒や禁煙が難しいということであれば、アルコールやタバコの量を減らすということから始めるのも良いでしょうし、お酒を飲まない休肝日を作るというだけでも前進といえます。
かつては非常に難しいとされていた禁煙ですが、最近ではニコチンを摂取できるガムやシールもありますので、急激に吸いたくなる欲求を抑えながら、徐々に禁煙に向けて体質を改善できるようにもなってきています。
タバコを吸いたいというのは、ニコチン中毒の要素があるのですから、それを上手にケアすることさえできれば、さほど苦もなく禁煙を実現させることができ、なおかつ咽頭がんの症状が悪化するのを防ぐこともできるわけです。
日常生活は多くの要素から構成されているので、タバコだけを特別視する必要はないという考えもありますが、喫煙者に共通して見られる傾向として、やはりタバコの害が大きいという事実があることはいなめません。

こうして考えてみると、咽頭がんの症状悪化を招く原因の一つとして、喫煙が関わっていることはいなめません。
そのほかにも、食生活を考えることも大切です。
現代人の食事の特徴として、必要なビタミンやミネラルは不足気味で、脂質やカロリーは取りすぎるという傾向があります。
そのため、メタボリック・シンドロームに該当する人や、兆候が見られる人が非常に数多くなっています。
こうした状況から、最近では外食産業でもメニューにカロリー表示をする店が増えていますし、健康志向の料理も多くなっています。
一昔前には外食が健康の敵のように言われていましたが、適切な選択をすることで健康的な食事をすることはできるようになってきているのです。

ただし、そこには意思の力が必要で、好きなものばかり食べていては、当然適切な栄養素を摂取することはできません。
身体が求めるものを食べればいいという考え方がありますが、人体は塩分と脂肪に関しては必要量以上に欲する性質があります。
そのため、欲求どおりの食事を取れば塩分と脂肪を過剰に摂取することになり、まさに現代人の食習慣そのものとなってしまうのです。
理性でメニュー選びをしなくては、食生活の改善を図ることなどはできません。
食事が与える影響は咽頭がんの症状だけではなく、体中に及びます。
食物から吸収した栄養素で身体を維持しているのですから、不要なものを摂れば悪影響が出てきますし、必要な栄養素が欠乏しても同じことです。

古代から引き継がれた本能として、飢餓に備えて身体は栄養を溜め込めるだけ溜めようとします。
飽食の時代となって数十年たっても、本能が簡単に塗り替えられるわけもなく、身体は潜在意識として欠乏にそなえ、現実は圧倒的な過剰供給に直面しているという矛盾を解消できるように考えて食事をしないと、典型的な現代人の食習慣の罠にはまってしまうことになります。
環境の変化に適応して肉体の機能が変化するには、早くても数百年程度はかかることが一般的ですので、食料が十分に満たされているという状況は、理性の力なくして解決できない健康上のリスクを生み出し、その一例が咽頭がんの症状ということになるのです。

いくら病院で名医に治療を受けることができたとしても、基本的な生活習慣に問題があるということは、日々身体を傷つけているのと同じことで、治療によって症状を改善しようという行為と、日常的に健康を損なおうという行為の2つを抱え込む矛盾に陥ります。
たとえて言うなら思い切りブレーキを踏みながらアクセルを踏むようなもので、進もうとする力を大きくしたところで、それを邪魔する力もかかっているので、車体に無理がかかるばかりで効率的に前進することはできません。
アクセルを踏むことと同時に、ブレーキから足を離して快適なドライブができるようにするのと同じように、健康な暮らしを取り戻すためにも、長年の悪癖というべき生活習慣は見直さなければなりません。
本気で咽頭がんの症状を回復させたいのであれば、医師に頼るだけではなく、自助努力も求められます。
医学的なアプローチと生活習慣の改善の両面から症状を改善させるための方策を実行していきましょう。

 名医に咽頭がん手術を受ける理由

ガン治療に最も効果的な食事法

名医から咽頭がん手術を受ける際には、そのメリットとデメリットを把握しておくことが大切です。
手術は効果的な治療ですが、体に与える負担も大きいので、むやみに使用するわけには行きません。
症状や他の治療法との兼ね合いにより、本当に最善の選択であるという確信が持てるまで、安易に妥協せずに主治医と徹底的に話し合うことは欠かせません。
名医であれば、むやみに咽頭がんの手術を勧めたりはせず、他の治療では十分な効果が得られないときに使用を限定します。
事前の検査で転移の兆候が見られるなど、予断を許さない状態で緊急手術というケースもありますが、大抵は十分な時間的余裕があるはずなので、その間に熟慮することができるはずです。

いくら考えてみたところで、経験もないし答えなんて出せないと思う方もいるでしょうが、自分の命に関わる重要事項を他人任せにしてしまってよいのでしょうか?
確かに決断をするということは責任を伴いますし、問題が起きたときにその一端を自分で背負わなければいけなくなります。
しかし、咽頭がん手術を受けると同意した時点で、失敗したときには自分の体に返ってくるように契約しているのです。
医師が医療ミスを起こしたとしても、その医師の健康が損なわれるわけではありません。
よほど大きな過失がない限り、一般のサラリーマンよりも高額な給与をもらい続けることができます。

それでは不安だからこそ、名医を探す必要も生じるのです。
数多くの事例を見ている名医であれば咽頭がん手術の生存率を上げてくれることが予想できるから、わざわざ今通っている病院以外にまで目を向けて、時には転院まですることになります。
医師という職業は、その国家資格を持っている時点で弁護士や公認会計士と同様に、高額な報酬を受け取れることを半ば約束されています。
その身分にあぐらをかき、技術の追求や新しい知識を取り込むことを放棄する人もいますので、注意が必要です。
特権階級に命を任せておいても、生存率が高まるという根拠はどこにもなく、多少のことは責任が問われないことも少なくありません。

咽頭がんの手術に限らず、医療ミスで訴訟を起こしたところで患者はカルテ等の資料が乏しく、敗訴する確率が高いのが日本の現状です。
病院側に資料を開示する義務を負わせたところで、病院関係者が自分達に不利な資料を改ざんしたり、破棄してしまっては提出させることはできません。
そもそも、どのような資料が残っているかさえ患者には分からないのですから、裁判においては初めから不公平な状態なのです。
責任を追及されることがないということを知っている医師は、咽頭がん手術における緊迫感において患者と大きな温度差を示すことも出てきます。
給料を得るための仕事として捉えれば、治療は自分のために行うものであり、他人の健康を取り戻すことなど二の次になってしまうという恐ろしいことになるのです。

そんな医師には命を任せられないと考え、親身になってくれる名医を見つけようと奮闘することにもなるわけですが、時間の制約等でそれが叶わない事だってあります。
名医でなければ咽頭がんの手術を成功させられないというものではないので、それ自体を過度に悲観する必要はありませんが、執刀医が信頼に値する人物であるかどうかは精査が欠かせません。
普段の診断の時にどのような態度で接しているかで、相手の人格や治療への姿勢はうかがえるはずです。
医師としては、毎日病院勤務をしている時間の一端としてあなたに関わっているのですから、その時間だけを取り繕っているとは考えられないでしょう。
あなたが知っている医師の顔は、他の患者に接する時と同じだと考えれば、まさにその医師の人格を計る絶好の機会なのです。

人格だけで咽頭がん手術を成功に導けるわけではありませんが、患者を救いたいという真摯な気持ちがあれば、自然に知識を吸収したり、技術の向上に努めるはずです。
才能で多少劣ることがあっても、長年の努力と修練の積み重ねは嘘をつきません。
研修医を卒業してから間もない医師を除けば、すでに何年かの経験は積んできているはずですので、人間的に成熟している人であれば、進歩はしているはずです。
もしかしたらいずれは名医になるかもしれませんし、先行投資のつもりで咽頭がんの手術を受けてみてもよいかもしれません。
少なくとも、そのような医師であれば、事前の説明を手抜きするようなことはないでしょうし、術後の経過についても責任を持って確認してくれるはずです。

利益優先の金儲け主義で行われている病院経営の犠牲者となるのは悲劇以外の何者でもありません。
咽頭がん手術が入っている日に、どれだけ人手を割いているのかについても確認しておいた方がよいと思います。
助手となる看護士の人数が不足しているとか、若手に経験を積ませるためにメスを取らせることがあるといった情報が得られるかもしれません。
改まった口調で切り出せば、相手も身構えるのが普通の反応ですので、何気ない様子を装っておいた方がよいでしょう。
世間話のような雰囲気で聞いてみれば、案外医師や看護士の中にも、病院の内情を教えてくれる人もいます。

簡単に名医が見つかる保証はありませんし、それを待っていては咽頭がんを手術しても手遅れになってしまうこともあります。
臨機応変な対応が求められるのは、他の治療を受ける時と変わりませんが、口で言うほど容易なことでもありません。
後になってから、やはり名医に咽頭がん手術を受けておけばよかったと悔やんだところで、やってしまったことは元に戻せません。
迷った時には今一度、本当にこのままで良いのか、ベストを尽くしていると断言できるのか、自分の心と体に問い掛けてみましょう。
その時に迷わず返答できたのなら、決意を胸にその道を進んでいきましょう。

もし迷いがあって、主治医からもせかされていないのなら、このまま咽頭がん手術に乗り切る前に考え抜いておく必要があります。
その際には、おおよその生存率の見込みや、術後に再発する可能性についても確認しておくことで参考になります。
病院との信頼関係がしっかりしていることが理想ですが、そうもいかないことが多いというのが現実です。
名医でなければ咽頭がんの手術を成功させられないというわけではありませんので、主治医を信頼することが出きれば、そこで思い切って決断するということも一つの手です。
後悔のない人生を送るためにも、目を逸らさずに現実を直視しましょう。

 咽頭がんの名医のいる病院一覧

ガン治療に最も効果的な食事法

咽頭がん名医に治療を受けることで、生存率を高めて健康を取り戻せる可能性を上げることができます。
ただ、それだけの権威ある医師とはいえ、患者にとっては噂を聞き及ぶこともめったにあることではありませんし、医療関係者でもないとなかなかどこの病院に行けばよいかも分かりません。
そこで活用して欲しいのが、咽頭がん名医がいる病院一覧です。
自分の済んでいる地域や、解説にある得意とする治療法や手術の実績を基準に主治医を選べば、納得できる病院選びをするうえで大いに役立つことでしょう。
もちろん一から自分で調べるという方法もありますが、そもそもどのような根拠で優劣をつけるのかという問題もありますし、時間がかかり過ぎてしまえば、その間に症状は進行してしまうというリスクも抱えることになります。

そのような問題は、咽頭がんの名医一覧を上手に活用することで解決することができます。
治療を自分が納得して信頼できる病院に託すことで、日々の暮らしに安心感が湧いてくるという効果も期待できます。
F1レーサーだって、レーシングカーのメンテナンスをしているスタッフが完璧だと信じることができなければ、とても時速300キロを越える猛スピードにでサーキットを駆け巡ることなどはできないでしょう。
自分の命を預けるというのはそのようなことなわけで、治療における咽頭がんの名医は、F1レーサーにとってのピットスタッフのように命を預ける大切な役割を担う人なのです。
タイヤもエンジン、その他各パーツ全てをレーサー1人がチェックすることは事実上不可能だからこそ分業するわけですが、転移を防いだり症状を改善させるための治療だって患者が自分で行うことができないから専門家に任せるのです。
それだけの重要任務を負わせる相手を慎重に選択するのは、当然のことではないでしょうか?

人選ミス一つで命取りになってしまうのですから、治療や手術は咽頭がん名医にしてほしいと願うのが自然な心境でしょう。
検査をしてもらった病院というのも、少なからぬ縁があるとは思います。
もしそこで病気の告知を受けた時のことを思い出し、十分な説明を受けたことや信頼できそうな人柄であったことから、ここに命を託そうと決意したのなら、もちろんその選び方も間違いではありません。
人生が一度きりであることを考えれば、何があっても自分が責任を持てると断言するだけの自信があるかどうかということが最重要事項であると思っているからです。
患者の数だけ生き方がありますから、咽頭がんの名医を見つけることが必ずしも最善であるとは限りません。
ただ、一般的には役に立つことが多いというだけですので、確率の問題でしょう。
知り合いに医師がいるので、その人に任せてみたいというのも、一つの考え方として尊重されるだけの価値があります。

咽頭がんという不慣れな状況において、大きな心の支えになる存在の一つが権威や名医と呼ばれるプロです。
言動の一つ一つが持つ重みが違えば、それを受ける患者側の当然気持ちが変わってきます。
聖路加病院の名誉教授である日野原重明先生は、病気の3分の2は気持ちだと語っていますが、その気持ちをどのようにケアできるかということを考えると、やはり言葉の重みは大きな意味を持ってきます。
日本にはたくさんの病院がありますが、咽頭がん名医と呼ばれる人はごく一握りの選ばれた存在です。
いわばエリートと呼んでも差し支えないでしょう。

同じように咽頭がんにかかって名医に治療をしてもらいたいと願う患者は多くいますから、需要と供給のバランスで言えば供給が不足して需要が膨れ上がってしまっている状態になります。
通常の経済活動においては、需給バランスによって価格が形成されますので、需要が過大になれば価格の高騰が起こるというのがセオリーです。
ただ、医療の現場においては医療保険の問題など、特殊な事情がありますので、必ずしも治療費が高くなるというものでもありません。
これは患者側としてはとても助かることですが、問題なのは咽頭がんの名医がどこの病院にいるのかという情報は国民に行き渡ってはいないことです。
もっとも、それが徹底してしまっていたら、少数の医師に患者が殺到してしまい、医療システムがパンクしてしまう恐れもありますので、一概に悪いこととも評価できないのですが、切実な願いを胸に抱える患者としては焦るのも無理がないことです。

知識や経験の充実はもちろんですが、手術において咽頭がんの名医の腕は、ある種の職人芸の部分もあります。
集中力を片時も切らすことのできない仕事だけに、質を落とさないためにはこなせる量は限られてきます。
人間である以上、集中できる時間の長さには限界がありますし、トレーニングをすれば無尽蔵に引き伸ばせるという性質のものではありません。
的確な情報を掴んでやって来た人や、強運に恵まれて偶然その病院を訪れた患者の治療に咽頭がんの名医があたり、他の大部分は一般的なレベルの医師が担当するというシステムが現行の制度の存続する条件なのかもしれません。
病院同士のネットワークや情報網というものもありますので、気になったら主治医に相談してみてもよいでしょう。
あるいはインターネットで咽頭がんの名医について調べてみるという方法もあります。
多くの闘病記を見つけることもできますので、患者側の視点からの評価を知ることもできますし、医療機関によっては特定の病気の治療に力を入れているところもあるので、色々と調べてみるとよいでしょう。

copyright © 2005 咽頭がんの名医のいる病院 all rights reserved.