咽頭がんの名医のいる病院
   咽頭がんの名医や症状、手術についての闘病記

  

喉頭がん治療マニュアル

転移と再発を防ぐ直腸癌手術

大腸がん検査や治療の疑問相談室

肝臓がん転移はこうして防ぐ

肺がん手術の生存率が高い病院

前立腺がん治療とPSA検査

写真に見る舌癌症状と治療法

乳がん治療の名医

症状別腎臓がん治療の名医

治療・膵臓癌手術の名医ガイド

肺がん闘病記―転移と治療の始まり

前立腺癌手術と放射線治療

手術なしの胃がん食事療法

名医の咽頭がん治療や手術により、症状の悪化や転移を防いで生存率を上げることができます。 そのためには確かな根拠をもって病院選びをすることが欠かせません。 咽頭がんは治療可能な病気ですが、あくまで適切な治療を行えばという前提はついて回るものです。 まずは症状等の基礎知識を身につけていただければと思います。

 名医に咽頭がん手術を受ける理由

ガン治療に最も効果的な食事法

名医から咽頭がん手術を受ける際には、そのメリットとデメリットを把握しておくことが大切です。
手術は効果的な治療ですが、体に与える負担も大きいので、むやみに使用するわけには行きません。
症状や他の治療法との兼ね合いにより、本当に最善の選択であるという確信が持てるまで、安易に妥協せずに主治医と徹底的に話し合うことは欠かせません。
名医であれば、むやみに咽頭がんの手術を勧めたりはせず、他の治療では十分な効果が得られないときに使用を限定します。
事前の検査で転移の兆候が見られるなど、予断を許さない状態で緊急手術というケースもありますが、大抵は十分な時間的余裕があるはずなので、その間に熟慮することができるはずです。

いくら考えてみたところで、経験もないし答えなんて出せないと思う方もいるでしょうが、自分の命に関わる重要事項を他人任せにしてしまってよいのでしょうか?
確かに決断をするということは責任を伴いますし、問題が起きたときにその一端を自分で背負わなければいけなくなります。
しかし、咽頭がん手術を受けると同意した時点で、失敗したときには自分の体に返ってくるように契約しているのです。
医師が医療ミスを起こしたとしても、その医師の健康が損なわれるわけではありません。
よほど大きな過失がない限り、一般のサラリーマンよりも高額な給与をもらい続けることができます。

それでは不安だからこそ、名医を探す必要も生じるのです。
数多くの事例を見ている名医であれば咽頭がん手術の生存率を上げてくれることが予想できるから、わざわざ今通っている病院以外にまで目を向けて、時には転院まですることになります。
医師という職業は、その国家資格を持っている時点で弁護士や公認会計士と同様に、高額な報酬を受け取れることを半ば約束されています。
その身分にあぐらをかき、技術の追求や新しい知識を取り込むことを放棄する人もいますので、注意が必要です。
特権階級に命を任せておいても、生存率が高まるという根拠はどこにもなく、多少のことは責任が問われないことも少なくありません。

咽頭がんの手術に限らず、医療ミスで訴訟を起こしたところで患者はカルテ等の資料が乏しく、敗訴する確率が高いのが日本の現状です。
病院側に資料を開示する義務を負わせたところで、病院関係者が自分達に不利な資料を改ざんしたり、破棄してしまっては提出させることはできません。
そもそも、どのような資料が残っているかさえ患者には分からないのですから、裁判においては初めから不公平な状態なのです。
責任を追及されることがないということを知っている医師は、咽頭がん手術における緊迫感において患者と大きな温度差を示すことも出てきます。
給料を得るための仕事として捉えれば、治療は自分のために行うものであり、他人の健康を取り戻すことなど二の次になってしまうという恐ろしいことになるのです。

そんな医師には命を任せられないと考え、親身になってくれる名医を見つけようと奮闘することにもなるわけですが、時間の制約等でそれが叶わない事だってあります。
名医でなければ咽頭がんの手術を成功させられないというものではないので、それ自体を過度に悲観する必要はありませんが、執刀医が信頼に値する人物であるかどうかは精査が欠かせません。
普段の診断の時にどのような態度で接しているかで、相手の人格や治療への姿勢はうかがえるはずです。
医師としては、毎日病院勤務をしている時間の一端としてあなたに関わっているのですから、その時間だけを取り繕っているとは考えられないでしょう。
あなたが知っている医師の顔は、他の患者に接する時と同じだと考えれば、まさにその医師の人格を計る絶好の機会なのです。

人格だけで咽頭がん手術を成功に導けるわけではありませんが、患者を救いたいという真摯な気持ちがあれば、自然に知識を吸収したり、技術の向上に努めるはずです。
才能で多少劣ることがあっても、長年の努力と修練の積み重ねは嘘をつきません。
研修医を卒業してから間もない医師を除けば、すでに何年かの経験は積んできているはずですので、人間的に成熟している人であれば、進歩はしているはずです。
もしかしたらいずれは名医になるかもしれませんし、先行投資のつもりで咽頭がんの手術を受けてみてもよいかもしれません。
少なくとも、そのような医師であれば、事前の説明を手抜きするようなことはないでしょうし、術後の経過についても責任を持って確認してくれるはずです。

利益優先の金儲け主義で行われている病院経営の犠牲者となるのは悲劇以外の何者でもありません。
咽頭がん手術が入っている日に、どれだけ人手を割いているのかについても確認しておいた方がよいと思います。
助手となる看護士の人数が不足しているとか、若手に経験を積ませるためにメスを取らせることがあるといった情報が得られるかもしれません。
改まった口調で切り出せば、相手も身構えるのが普通の反応ですので、何気ない様子を装っておいた方がよいでしょう。
世間話のような雰囲気で聞いてみれば、案外医師や看護士の中にも、病院の内情を教えてくれる人もいます。

簡単に名医が見つかる保証はありませんし、それを待っていては咽頭がんを手術しても手遅れになってしまうこともあります。
臨機応変な対応が求められるのは、他の治療を受ける時と変わりませんが、口で言うほど容易なことでもありません。
後になってから、やはり名医に咽頭がん手術を受けておけばよかったと悔やんだところで、やってしまったことは元に戻せません。
迷った時には今一度、本当にこのままで良いのか、ベストを尽くしていると断言できるのか、自分の心と体に問い掛けてみましょう。
その時に迷わず返答できたのなら、決意を胸にその道を進んでいきましょう。

もし迷いがあって、主治医からもせかされていないのなら、このまま咽頭がん手術に乗り切る前に考え抜いておく必要があります。
その際には、おおよその生存率の見込みや、術後に再発する可能性についても確認しておくことで参考になります。
病院との信頼関係がしっかりしていることが理想ですが、そうもいかないことが多いというのが現実です。
名医でなければ咽頭がんの手術を成功させられないというわけではありませんので、主治医を信頼することが出きれば、そこで思い切って決断するということも一つの手です。
後悔のない人生を送るためにも、目を逸らさずに現実を直視しましょう。

copyright © 2005 咽頭がんの名医のいる病院 all rights reserved.